森 佑大

Mori Yuta

自費リハビリ施設 カラダの先生 代表
療法士勉強会団体 TMPリハビリテーション研究会 代表

資格/経歴

・理学療法士
・IPNF2 修了
・SJF基礎コース 修了
・Bobath 基礎講習会修了 など

Profile Picture

初めまして。私はカラダの先生で代表を務めます、森佑大(もりゆうた)と申します。

私は理学療法士免許取得後、主に回復期病院にて従事する傍ら、老人保健施設、通所リハビリ、外来リハビリなどを兼務し、様々なフィールドでのリハビリテーションに携わってきました

そこでは主に、脳卒中や脊髄損傷などの中枢神経系疾患や骨折などの整形外科疾患に関わることが多く、いまの自分の基盤となった経験をしてきました。

そこで、入院中の方へのリハビリだけでなく、もっと多くのフィールドで自分に何か出来ないかと感じるようになり、病院を退職後はフリーランスとしての活動を開始し、訪問リハビリ、重症児デイなど、さらなる幅広い分野でのリハビリを経験しました。

これだけ多くの環境、フィールドを経験してきた理学療法士は私くらいではないでしょうか。

そう言えるくらい、本当に多くの病気、怪我、症状を抱える方々と携わってきたと思います。

そして、そこで得た知識や経験を活かすため、自費リハビリという新たなステージで更なる活動の場を広げているところです!

2018年からは、理学療法士や作業療法士を対象にした勉強会団体 TMPリハビリテーション研究会 を立ち上げ、2019年は年間約50回の開催し、全国の療法士への指導を行ってきました。

ここでは、一つの手技、一つの概念に捉われず、広い視野を持って考えることをモットーに、全国の理学療法士、作業療法士の方へ私のこれまでに培ってきた経験や知識技術を指導しています。

病気や怪我一つとっても、その症状は千差万別です。その人自身の個別性が症状だけでなく、その後の改善にも大きく影響します。

例え同じ病気であっても、誰もが同じ症状ではありません。

そして誰一人全く同じということもありません。

つまり、同じ病気だからといって皆同じリハビリをしても改善しない、あるいは本当ならもっと改善できたはずなのにそこまで到達できない、といった可能性もあります。

リハビリは、病気ではなくその人自身をみなければ、本当の改善を目指すことはできません。

それで納得できるでしょうか。

そんな悔しい思いは誰にもして欲しくありません。

病気や怪我でこれまでの生活から一変し、誰もが今までのように動きたい、生活したいと思っているはずです。

それなら自分がそれを実現しよう、そう思いこの「カラダの先生」を設立いたしました。

しっかり時間をかけて、その人自身をみて、本当の改善を本気で目指します。

よろしくお願いします。

もっと詳しく森のことを知りたい方はこちらも読んでみて下さい!

西田 智一

nishida tomokazu

資格/経歴

・理学療法士
・Animal Flow認定インストラクター
・IPNF3 修了
・筋膜マニピュレーション Level 3 修了
・SJF基礎コース 修了
・Bobath 基礎講習会修了
・少林寺拳法 初段 など

Profile Picture

初めまして。私は2021年5月からカラダの先生に勤務することになりました西田智一(にしだともかず)と申します。

私は理学療法士になる前は、介護福祉士として特別養護老人ホームやデイケアで勤務し、様々な障害を持つ方の介護に携わってきました。

その中で、身体機能の回復や日常生活に必要な動作の獲得にリハビリテーションをすることの重要性を感じ、少しでも困っている方の役に立ちたいと考え、理学療法士になりました。

理学療法士免許取得後からは、岐阜県にある病院で9年間勤務し、回復期リハビリテーション病棟・老人保健施設・通所リハビリ・訪問リハビリ・外来チームで、脳卒中を中心に様々な疾患の患者様のリハビリを経験し、数多くの勉強会にも参加してきました。

そこで学んだ知識や経験を生かし、脳卒中の後遺症で悩まれている方に、少しでも良くなる可能性があることを知って欲しい、良くなる環境を提供したい、という想いから「カラダの先生」で勤務することにしました。

また、地域に貢献したい思いから、名古屋市や岐阜県のカルチャーセンターにて、私の得意とする筋膜リリースに関する講座(自分でできる筋膜リリース)を定期開催したり、現在も岐阜県内の4つの市町村の市民講座にて、「健康な身体づくり」をテーマに、「脳卒中リハビリ」や「筋膜リリース」に関する情報を発信することも行っています。

脳卒中になり、病院や介護保険のリハビリで満足できない方、発症から何年も経過し症状の変化を感じられない方、杖や装具を使わずに歩きたい、仕事に復帰したい、麻痺のある手を少しでも使えるようにしたい、という願いを諦めてしまっている方や身体の痛みで悩まれている方が少しでも良くなる方法を追求して、一人ひとりに合ったリハビリを提供していきます。

よろしくお願いします。