久々に空き時間が出来たのでブログ書いてます

おはようございます。カラダの先生の森です。

今日は久しぶりに午前中に空き時間が出来ました。
元々はご予約が入っていたのですが、ご事情によりキャンセルとなってしまいましたので、午後まで急遽時間に空きが出来たのです。

何だか、この時間にパソコンに向かっているのが変な感じ。

やることはたくさんあるのですが、何から手をつけようかと考えていましたが、何故かブログを書こうかと思い、今に至っております。

このブログは通常、脳卒中のこと、片麻痺のこと、リハビリのこと、理学療法士作業療法士の勉強に関することを中心に書いております。

しかし突然思い立ちブログを書いていますので、何をテーマにしようかと思いましたが、難しいことは置いといて、改めて自分のことをもっと知ってほしい思いがありますので、少し改めて自己紹介をしたいと思います。

とは言っても、簡単な略歴などはスタッフ紹介のページに書いておりますので、少し視点を変えて自分を伝えてみたいかな。

Contents

私、森とはどんな人物なのか

まずは年齢。今現在33歳になったところです。ギリギリ昭和生まれです。
ちなみに妻は平成生まれ、子供は令和生まれです。
だいたい若く見られますが、若造に見られたくなく少しベテラン感を出したいので、髭を生やしたり試行錯誤する時もありました。今は何もしていません、もう諦めました。
背が低いのがコンプレックスです。何とか子供には平均身長くらいになってほしい。。

スポーツは苦手ですが好きです。
とくに野球が好きで、自分で草野球チームを作りました(ちなみに野球は初心者、学生時代はずっとテニスをしていました)
あと登山も好きで、以前の勤め先で登山同好会も作りました。やりたいことには比較的アクティブに行動する派ですね。
野球観戦も好きで、春夏甲子園は毎年必ず行ってました。また行きたいな〜。
プロ野球も好きですね、やっぱり地元なので当然中日ファン。これは親の影響かな。昔、横浜スタジアムまで試合を観に行き、ノーヒットノーランを目の前で見れたのは嬉しかった。

しかし今はこんなに趣味があっても何も出来ないのが本当に寂しい。。
安心して楽しめる情勢に早くなってほしいと願うばかりですね。

森、学生時代を語る。

子供時代は割と大人しいタイプの子で、そこまで活発ではなかったと思います。
どっちかというと外よりも家の中で遊ぶタイプみたいな。

かといって勉強ができるわけでもなく、義務教育時代の学力も中の下くらい。高校時代なんかは下の下じゃないかというくらい酷かった。当時は勉強することに意義を見出せなく、遊び呆ける日々。遅刻や早退などでサボる日も。今思うとホントふざけんなと思いますが、当時は全く最低人間です。

ある時学校に行きたくないと思い、通学中の自転車を折り返し自宅へ帰り、何故か次の日には鹿児島へ。
当時鹿児島には祖母の家があり祖母が一人で暮らしていましたので、現実を逃避し、鹿児島で祖母と1-2週間くらい過ごしたこともあります。
そのあとは何事もなかったかのように学校に行きましたね。突然学校に行かず、何故か鹿児島へ行くという破茶滅茶な行動でしたが、それを許してくれた両親や祖母には感謝です。おかげで今でも鹿児島は私にとって第二の故郷であり、いつか鹿児島でのんびり過ごしたいなとそんな思いもあったりなかったり。

ただ数学だけは昔から好きで、赤点をたくさんとっている中、数学だけは唯一100点を取りまくっていたのは数少ない自慢です。
殆ど勉強しなくても数学だけは点数を取れていました(自慢)

理学療法士の養成校へ入学してからは、今までとは打って変わって勉強に打ち込むことに。
何故か勉強が物凄く好きになり、一年生での初めてのテストで全体5位くらいだったかな?
良い成績が取れることの嬉しさをそこで初めて知りましたね。
今までは下から5番目くらいでしたので笑

結局のところ、好きなことには夢中になり真剣に打ち込めるのが人間なのでしょうね。
「好きこそものの上手なれ」とはよく言ったものです。
自分も正にそういうタイプなのでしょう。

森、理学療法士を目指す。

そもそも何故私が理学療法士を目指したかというと、正直言ってはっきりと覚えているわけではありません。
高校一年生の時ですかね、テレビで理学療法士の特集をやっていたのを父が見ており、それを私に勧めてきたのが最初に理学療法士を知ったきっかけだったと思います。
元々人と関わる仕事がいいなとは思っていましたのでそこから何となく理学療法士という仕事が頭の中に残っており、受験の時に希望したのだと思います。
怪我をして理学療法士にリハビリでお世話になったとか、身内がリハビリでお世話になったとか、そういう最もらしいきっかけは特になく、正直「何となく」から始まったのが最初でした。
そのため、理学療法士の養成校ではどんな勉強をするのかなど全くと言っていいほど知らず、ぼんやりしたイメージの中で学校生活が始まったのです。

それでも今はこの仕事に就けていることが自分にとっては天職だと思っています。
やっぱりイメージしていたものとは違った、ということは全くなく、理学療法士として病院に務めてから今まで一度も理学療法士を辞めたいと思ったことはありません。
楽しいことばかりではなくとも、辛いことも落ち込むこともたくさんあっても、それでも自分が誰かのために行動し、その人の生活の一部分でもサポートができているなら、この仕事は本当にやりがいがあると思っています。

SNSなどを見ると、理学療法士は給料が低いだとか、将来が心配だとか、やりがいがないだとか、そんなつぶやきを多く見ることがあります。
あくまでその発信している人の主観的な意見だと思いますので、否定するつもりはありません。
どう感じるかは人それぞれですからね。

そんな発言もある中、自分はこの仕事を好きでやっていられるというのは、幸せなことなのだと思います。

とまあそんなこんなでらしくもない自分語りを綴りましたが、何だか小っ恥ずかしい感じですね。
しかし自分を知ってもらうこともこういう仕事をしている以上はある程度必要なのかなとも思いました。

中々時間が取れずブログの更新は頻回ではありませんが、また気が向いたら何か書きます。
それではまた。

自費リハビリ&トレーニング施設 カラダの先生
〒453-0801 愛知県名古屋市中村区太閤1-1-14 高橋ビル5階
名古屋駅より徒歩5分

お気軽にお問い合わせください。052-433-3302受付時間 9:00-18:00 [ 日曜日除く ]

ご予約はこちら

このブログを読んで興味を持っていただいた方
気になっていたが一歩踏み出す勇気がなかった方
是非一度、当施設のリハビリ、トレーニングを受けてみませんか?
いつでもご連絡お待ちしております。
ご気軽にご相談くださいね!

Follow me!